てくり 21号

¥ 648

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,200円
    • 東北

      • 青森県 600円
      • 岩手県 0円
      • 宮城県 600円
      • 秋田県 600円
      • 山形県 600円
      • 福島県 600円
    • 関東

      • 茨城県 1,000円
      • 栃木県 1,000円
      • 群馬県 1,000円
      • 埼玉県 1,000円
      • 千葉県 1,000円
      • 東京都 1,000円
      • 神奈川県 1,000円
      • 山梨県 1,000円
    • 信越

      • 新潟県 1,000円
      • 長野県 1,000円
    • 北陸

      • 富山県 1,000円
      • 石川県 1,000円
      • 福井県 1,000円
    • 東海

      • 岐阜県 1,200円
      • 静岡県 1,200円
      • 愛知県 1,200円
      • 三重県 1,200円
    • 近畿

      • 滋賀県 1,200円
      • 京都府 1,200円
      • 大阪府 1,200円
      • 兵庫県 1,200円
      • 奈良県 1,200円
      • 和歌山県 1,200円
    • 中国

      • 鳥取県 1,200円
      • 島根県 1,200円
      • 岡山県 1,200円
      • 広島県 1,200円
      • 山口県 1,200円
    • 四国

      • 徳島県 1,200円
      • 香川県 1,200円
      • 愛媛県 1,200円
      • 高知県 1,200円
    • 九州

      • 福岡県 1,200円
      • 佐賀県 1,200円
      • 長崎県 1,200円
      • 熊本県 1,200円
      • 大分県 1,200円
      • 宮崎県 1,200円
      • 鹿児島県 1,200円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,500円
  • DM便(ヤマト運輸)

    ヤマト運輸による全国一律料金のメール便です 重さ、厚さ、サイズに制限があります。

    全国一律 180円
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 560円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

てくり21号 「街角の老舗。」

(目次)

・ふふふの商い。〜矢沢製麩店
・おいしいままで売る。〜みそ処・木津屋
・方長老と木津屋と盛岡の文化産業
・世界にひとつだけの印 〜スズエ印房
・たべたいな!平船のローストチキン 〜平船精肉店
・バターとジャムと。 〜中央バター商会

・荒物屋のある風景 〜街道と荒物屋
 森九商店/森八商店/北田荒物店/平野正太郎商店/
 吉重荒物雑貨店

Life is Delicious その18
「木偶の坊」(神子田朝市のひっつみ)藤原ハル子さん

あなたはなぜ、ここにいるのですか?
原田光/高橋めい/田村和大

もりおかわんこ 福助

なんだりかんだりのんだりくったり 9「さけがすき」
(てくりのHPから抜粋です)

岩手県盛岡市の「ふだん」暮らしをテーマに、
既存の情報誌や広報誌には載ることがない、
ちょっとうれしいこと、おもしろい人、紹介したいものごと・・・
そんな日常の物語たちを集め、
紹介する本があったらいいなあ。。。

そんな想いからできたのが、「新世代ミニコミ誌・てくり」です。

「ミニコミ」というと活字だらけで写真が無い、
ガリ版刷り(?)なイメージですが、
その「綴る」という気持ちを残しつつ、
「タウン誌」でもなく「情報誌」でもない、
ほっと一息つけるような「カフェ的」雰囲気のビジュアル誌を
イメージしています。

盛岡は「みちのくの小京都」とよばれる、
城下町の面影を残した地方都市です。
近年、県外資本の大型店舗やマンションが目立つようになり、
風景も人も、ずいぶん様変わりしてきたように思います。

そんなこの街で、スタッフ達のアンテナにひっかかった 選りすぐりの物語たちは、
全国の方々にも読んでいただきたいものばかり。
きっとそこには、時代や場所に左右されない、
普遍的な何かが隠されているのかもしれません。

てくりてくりゆっくりと、年2回の発行を目指していますが、
やりたい企画はもりだくさん。
楽しみながら続けていければいいなあと思っています。
「生活」という冒険の世界へ、
「てくり」と一緒にでかけましょう。
(てくりのHPから抜粋です)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する